« ダイナミックオーディオ イベント情報 | トップページ | 縁 »

2004年9月11日 (土)

DVDO iScan HD 視聴報告

堀切さん、藤原さんが絶賛されているスケーラーDVDO iScan HDを視聴する機会を得ました。
しかもダイナミックオーディオ5555のIさんのご厚意で自宅の3管式プロジェクターで観ることがかないました(ホント、いつもお世話になります)。

でも土曜日には返却するというお約束なので、短期決戦です。
よってNTSC-DVDのフィルムソースに限って視聴しています。
視聴機器は、
 DVD:Ayre D-1T/PW/VR2(PAL・Up Sampling Error Verion Up済み)
 RGBデコーダー&セレクター:三菱D-2001 (OP Amp Version Up済み)
 3管式プロジェクター:三菱LVP-2001D(直投仕様、P-2001 Version Up済み)
 スクリーン:スチュワート スノーマット90インチ(16:9)

初期設定後に早速観てみると、480p/72Hzの映像も無事LVP-2001で同期が取れました。
しかし、どうも様子おかしい。たしかにフィルム3倍速だけあって、動きはなめらか。
でも黒側がつぶれ気味だし、明るさも落ちている。まあ、ブライトに限ればiScan HD側で調整すればいいのだけど、
困ったのは、ふらふらと突発的に明るさが変わってしまうこと。

クランプの問題かと思い、接続を何通りか試しましたが、
a) iScan HD(RGBHV出力)~LVP-2001
b) iScan HD(RGBHV出力)~D-2001(RGB入力)~LVP-2001
c) iScan HD(YPbPr出力・Bi-Level Sync)~D-2001(YUV入力)~LVP-2001
どれも同様な症状です。

今回はダイナミックオーディオではまだ接続未確認だったのでどこが悪いか分かりません。
(もっともすでに3管式は無いし、それでもわからなかったかも)

急ぎ各方面にヘルプをお願いしてみると、いくつかアドバイスいただき
とりあえず原因分離のためにDVI出力付のDVDプレーヤーGoldmund MIMESIS SR DVDとDVIケーブル(Goldmund 光ファイバー)をIさんから一晩だけ借用させていただきました。(お手数かけてすいません。)

ここからSR DVDのDVI出力(デジタルRGB)が出るまで、またひと苦労あったわけですが、
SR DVD~iScan HD(DVI入力/アナログRGB出力)~D-2001~LVP-2001
の接続で480p/72Hzの映像が再び映りました。
(ちなみにSR DVDやD-1のDVI出力はHDCPには非対応です。なのでiScan HDでスケーリングできるんです。
iScan HDはHDCPにはまだ未対応なので、HDCP対応DVIだとそのままスケーリングOFFでスルーした信号が出力されしまいます)

うわっ、全然違う!アナログ入力でのおかしな症状はまったく無し。
HiVi CASTで一通り調整した後にうちのD-1(1世代前のビデオボード。DAC 54MHz 14bit)~D-2001(コンポーネント入力/RGB出力)の480p/60Hzと比べてみると
あらまあ。
SR DVDとiScan HDあわせてもD-1の半分以下のプライスなのに・・・なんていい勝負。
クロマアップサンプリングエラーや鮮度感ではSR DVD、iScan HDの勝ち。
階調表現ではわずかにうちのD-1が勝ってますが紙一重ってところでしょうか。
でもまあ、うちのD-1をひいき目に見ているからであって、、、いやはや。

藤原さんもHiViで書いてましたがいiScan HDはアニメーションと相性がいい。
Toy Story2のオープニング。バズの立体感とか色の鮮度とか、知らない人がみたらハイビジョンと思うくらい。
72Hzのフィルム3等倍速の画は、気を抜いてす~っと入ってくるような感じ。意識しないで見れるというか。
僕はDLPのカラーブレーキングノイズもちっとも気にならないひとなので、動体視力の高いそういうところに目が行くひとはもっと感激度が大きいんじゃないでしょうか。

しかしSR DVDクラスでこの映像なんだから、D-1のDVI出力をiScan HDに入れてみたら、かなり凄いことになりそう。堀切さんが絶賛することもわかる気がします。


ところで、前回の投稿にSasaさんから固定画素式プロジェクターではどうなのか?という質問がありましたが
フレームレート72Hzは固定画素のプロジェクターでは変換して表示してしまうため、72Hzのまま視聴できるのは3管式のみと思いいます。しかし、スケーラー機能(解像度の変換)は3管式、固定画素式問わず、効果が期待できますので、特にプロジェクター内蔵のスケーラーが非力な場合は、検討されてみては如何でしょうか。

デジタル映像インターフェースが真っ只中で、3管式プロジェクターは寂しい思いをしてきましたが、iScan HD(DVI入力/RGB出力)のおかげで僕ら3管式ユーザーもデジタルの恩恵が楽しめそうです。

|

« ダイナミックオーディオ イベント情報 | トップページ | 縁 »

コメント

シャネル偽物の財布、腕時計、靴、眼鏡、ピアス、バッグかばんの価格は大体いくらですか?
シャネルのかばんの価格は具体的に明確なことがないのです。
それのいくらを知っていたいならば、その材質、大きさとデザインを見てみなければなりません。
たとえばシャネル偽物の財布の価格はシャネルの女性かばんの価格と異なります。
独特の質シャネルシャネルバッグコピー4906 ゴールド金具カーフショルダーバッグ36cm
激安ブランドのオーデマピゲ腕時計 https://www.cocoejp1.com/ProductList1.aspx?TypeId=625968150804428

投稿: 激安ブランドのオーデマピゲ腕時計 | 2020年5月27日 (水) 03時58分

kobさん、こんにちは。

固定画素式でも効果はありそうですが、やはり一番
生きてくるのは、3管式のようですね。

そういえば、HiviCASTで調整されたようですが、
やはり他の調整ソフトと比べて便利ですか?
ちょっと、興味がでてきました(笑)。

投稿: Sasa | 2004年9月13日 (月) 08時17分

kobさん、レポートありがとうございます。
大変興味が湧いて来ました(汗)
自分も何とか視聴を試みてみます。

又、進展したらお教え下さい。

投稿: uos | 2004年9月12日 (日) 08時32分

>>かっぱ○司さん
GoldmundやAyreのDVI出力はHDCPには非対応です。なので「i/p変換、解像度変換、画質調整」はすべてiscan HDで出来ます。アナログ入力での不具合はここには他のディスプレイがないのでこれ以上確認できることはありませんが、僕的にはこのiscan HDの個体だけの問題のような気がします。

僕の信頼できるある筋からD-1はVersionUp後のほうがSNや階調で優位とのことです(^^

投稿: kob | 2004年9月11日 (土) 09時50分

こんにちは、

AYRE D-1,D-2001,LVP-2001とお使いの機器が同じということもあって、しかもそれぞれのバージョンアップ状況や調整士の方も同じということで、勝手に親しみを感じ、毎日拝見しています。機器を導入したのは、2000年の春だったのですが、周辺の機器もふくめて自分の中では一旦落ち着いて、満足してしまっていたのですが、(それはそれで良かったのです)3管のゆくえと新方式のプロジェクターの次々の発表などを見るにつけ取り残されているのかなぁ、とも感じていました。とことん3管に(しかもLVP-2001に)こだわるつもりでいますので、この一連のレポートにたいへんな興味をそそられています。たいへん参考になります。ぜひ、このまま続けてくださるとうれしいです。こちらも、がぜん鼻息が荒くなってきました。
ところで、アナログ入力ではおかしな症状でDVI入力にすると正常になったという話に関連してですが、HIVI9月号の藤原さんの記事の中に、こういうのがありますよね。『~、(DVI端子は)残念ながら現段階ではHDCPに非対応。このため一般的なDVDプレーヤーとDVI接続すると、信号はバイパスされそのまま出力されるという。』これを、どうとらえたらいいのでしょう。DVI入力では、i/p変換、解像度変換、画質調整などが全部バイパスされるという理解でいいのでしょうか。となると、現時点でDVI入力のメリットとは何なんでしょう。D-1のバージョンアップはまだやってないのですが、これも同時に悩みどころなんです。信頼できる筋からは、D-1の216MHz DACよりも54MHz DACのままの方が良い、という話も聞きますし。

投稿: かっぱ○司 | 2004年9月11日 (土) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイナミックオーディオ イベント情報 | トップページ | 縁 »