« Keith Jarrett solo 2005 | トップページ | 再び、サラウンド考 »

2005年5月22日 (日)

スローなリズムで

金曜の深夜、日本人とくに東京人の時間に対する感覚について、TBSのニュース番組で特集が組まれているのを興味深く見た。JR深知山線の惨劇も90秒を遅れを取り戻すための速度超過と日本マスコミでは報道されているが、たった90秒のために、なぜリスクを犯したのか、どうしてそれほど日本人は時間にシビアなのか、というのが海外メディアの反応のようだ。
それを踏まえて、この番組ではエレベータを待つ人や昼食時のお蕎麦屋さん(無理な注文をするお客や交通法規ギリギリ(?)の宅配)、スーパーのレジの行列や駅のエスカレータ風景(エスカレータの階段をわざわざ上っていくのが外国人留学生からは奇異に見て取れらしい)を紹介していた。

僕にも思い当たるフシがある。浜松のバスターミナルのエスカレータで何でみんなエスカレータの左側を空けないのだろう、早く上れないじゃないかとぷりぷりしていたし、転勤当初は街全体がとてもスローテンポに思えていた。
学生時代からこの間まで東京(近郊)に16年も住んでいたから、東京のハイペースな日々にどっぷりとつかってしまったのだろう。

実家の新潟もそうだが、地方のこののんびり感はそんなに悪いもんじゃない。
このごろはスローライフなんて言葉もあるし。
だいたいアナログレコードで音楽を聴くこと自体、相当のんびりしたものだからね(最近は音楽を聴くことすら合理化されてしまった感がある。iPodとか・・・)。
僕自身の中ではまだギアチェンジが出来てないけど、たぶん、半年くらいかかるんじゃないかな。ひとつ深呼吸をして、このスローな浜松のリズムに馴染んでいこうと思っている。

|

« Keith Jarrett solo 2005 | トップページ | 再び、サラウンド考 »

コメント

結局SX50に決めました。
この週末ぐらいに届く予定。
不安と期待が半々です。

投稿: たるみ | 2005年5月27日 (金) 23時13分

>>RSさん
ようこそ。いつもアクセスありがとうございます。
東京の生活は若いうちは刺激的ですが、落ち着いてからだとせわしないかもしれませんね。
お互いうまくギアチェンジしたいものです。

>>たるみさん
SX50に決まりですか。LCOSだと、DLPのようなカラーブレーキングノイズに悩まされることも無く、透過型液晶よりも開口率も高いし、黒再現は良さそうですね。
懸念の色調整はうまく解決できそうですか?

投稿: kob | 2005年5月24日 (火) 22時12分

どこかで見た研究報告では、欧米人が次の反応をイライラを感じずに待てる時間が10秒なのに対して、日本人は4秒しかないそうです。
そこで、日本の自動販売機の商品を押してから商品が出てくるまでの時間は、4秒以内で無いと売り上げが落ちるという説があるらしいです。

ところでプロジェクターですが、自分の気持ちの中ではキャノンSX50にほぼ固まりました。
あとは大蔵省をいかにして説得するかです・・・

投稿: たるみ | 2005年5月24日 (火) 01時53分

はじめまして、いつもたのしまさせていただいております。
車でもそうですが、ハイギアからローギアに一気にシフトダウンするとエンジンの回転があがりすぎちゃいますからねぇ。
今はそんな状態なのかもしれませんね。
私は、kobさんとは逆パターンで仕事の都合で最近、東京にでてきて、スピードになかなかついていけません。汗
お互い、ゆっくり体を慣らしていきましょう。

投稿: RS | 2005年5月23日 (月) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Keith Jarrett solo 2005 | トップページ | 再び、サラウンド考 »