« ショレ、ケンチッヒ、パポー トリオ | トップページ | 大型特殊免許 »

2015年6月16日 (火)

アラフィフ

6月12日に46歳になりました。
とうとうアラフィフの仲間入りです。
Facebookやmixiなどから、たくさんのお祝いのメッセージをいただき、嬉しい限り。


さて、稲には生育が進むと茎が増えていく分げつという現象がある。茎の数は秋の穂の数に直結するのだが、茎が多すぎると、肥料が全ての穂まで行き渡らず、白濁したり、青いままだったりの生育不良の原因となる。
生育不良の米は一等米から二等米に格が下がり、買取価格も下がってしまい、収入に直結するのだ。

そこである程度、茎数を確保したら、田んぼの水を抜いて乾かし、茎数を抑える工程がいる。
これを中干しという。

また、田んぼに溝を切って、溝を通じて水の出し入れがしやすくなるようにすることを溝切りもしくは江立てといい、中干しと溝切りはセットで行う。
なのでこの時期、JAや県の農業普及センターからも中干しの指導会や説明資料がよく届く。

おとといからビーグル(肥料や除草剤を散布する乗用の機械)で田んぼに溝を立てた。
ビーグルの操縦は親父。
僕は田んぼに入り、切った溝の縦横の接点を水が通るように泥をかいて繋ぐ役目。
14日の午前と夕方にその作業を終わらせた。

30℃近い天気の中の作業は、ぬかるみに足を取られたり、結構大変で、おかげで汗だく。
昼の休憩時にシャワーを浴びないとならないほど。

田んぼに入って作業したので、泥が沈んでおらず、水が澄んでいない。
泥水は環境保全上、落水できないので、明日以降だ。
あと、田んぼの中にはおたまじゃくしやヤゴがいっぱいいる。カラカラに干してしまうと虫を食べてくれる蛙やトンボが死滅してしまうので、彼らが生き残れる分の水量は確保しつつ、乾かさないとならない。



昨日の落水後の溝切り跡。



ヘビも田んぼの中で暑さをしのぐ。



白鷺の群れが中干しの田んぼで捕食中。



先週土寄せした大豆も育ってます。

|

« ショレ、ケンチッヒ、パポー トリオ | トップページ | 大型特殊免許 »

コメント

もうすっかり農家のお兄さんですね。
私は虫とか爬虫類がダメなので
ダメな職業です。
でも嬉しいです。
自然と戦い
その合間に自分の趣味を満喫

良いことですよ。
新幹線も開通したので
上京も容易い。
でもネットが発達したので
ほとんどの物が買えますので
問題ないですね。
Amazonでも関東圏でないから
送料掛かるかもしれませんが
日本の配送は優秀ですからあっという間に
届きますよね。

ところで、スチュワートのスクリーンが
ようやく能力を発揮出来ました。
70インチまで行けます。
ブラビア40インチを壁掛けに
したおかげです。
スクリーンの説明書を紛失したので
停止位置調整に苦労しましたが
バッチリです。
どうもありがとうございました。

投稿: レーザー | 2015年7月 5日 (日) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412528/60407231

この記事へのトラックバック一覧です: アラフィフ:

« ショレ、ケンチッヒ、パポー トリオ | トップページ | 大型特殊免許 »