2017年1月 1日 (日)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2017


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

七回忌

今年2008年で朝沼予史宏さん(オーディオビジュアル評論家)の七回忌を迎えることとなった。もうそんなにも時間が経ってしまったのか・・・。

享年52歳。2002年12月8日。東京に雪が降った日のことだった。

突然の訃報にすっかり心に穴が空いてしまった。
その日は体調が悪く、仕事を休んでいたが、どうしてもいられずに
HiVi編集部に電話をかけて、会場を教えていただき、朝沼さんのお通夜に出向いた。

祭壇の奥に花に囲まれたJBL K2 S9800。
Keith Jarrettのピアノ。
朝沼さんの遺影。
遺されたまだ小学生のお嬢さんふたりと奥様を目にし、
なんともやり切れない思いで胸が締め付けられた。

あえて言うけど、
オーディオビジュアルの世界(メーカー、ショップ、雑誌)が、
だらしなくなってしまったのも
朝沼さんという強くて大きな柱を失ってしまったせいかもしれない。

2008年12月8日 夜。
我が家のEV GeorgianでKeith Jarrett Trioの「ライヴ・アット・イースト1993」DVDをかけた。
この週末は、オーネット・コールマンをいつもよりボリュームを上げて聴こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

われらが歌う時

久しぶりに重い(テーマの)本を読み終えた。
アメリカという国での、ユダヤ系ドイツ人の夫と黒人の妻。その子供たち。
太平洋戦争から公民権運動、ロス暴動までに渡り綴られる物語。
いまでも重く横たわる人種問題。
ヨーロッパのクラシック。アメリカ黒人たちのジャズ、そして今のヒップホップ、ラップ。
語るには自分はまだまだ幼稚なことを目の前にに突き付けられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

レンタルDVD店の閉店

隣駅からすぐ近くのレンタルDVD店が閉店となった。
いま住んでいる最寄り駅の近くにはないし、よく使っていたのだ。
しかも旧作1週間200円、毎週火曜日は新作も200円というレンタル料金の安さもあって、それなりに重宝していたのだけに、結構痛い。

昔住んでいた大田区でも、アパートからすぐ近くのレンタルビデオ店(まだビデオが主流のお店だった)が閉店したときにも、少なからず衝撃を受けた。
まったく、閉店してしまうなんて、、、じゃあ、みんなどこから借りて観てるのだろう。

インターネットのレンタルDVD店もあるけど、意外にめんどくさいし、新作をすぐ借りて観たいという衝動には勝てないと思うんだけど。
動画サイトにあふれてるわけでもあるまいし、いやはや、どうなってしまったんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

Happy Birthday 堀切さん!

明日9月27日は映画番長 堀切日出晴さんの50回目の誕生日。
おめでとうございます!

先週末は、三菱2001ユーザーの有志で一足早いお祝いをしたばかり。イベントの慰労も兼ねて、16時から22時過ぎまで久々の延長戦で大いに盛り上がった。
ただ、堀切さんは、愛するスティーブ・マックイーンよりも長生きすることに戸惑い気味(マックイーンは享年50歳)。ちょっと元気がない。

誕生日の9月27日は名古屋BASISで三菱イベント開催中。
名古屋方面の皆さん、ぜひ堀切さんを元気付けてお祝いして上げてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

引越し前の放出セール(1)

【売約済み】

引越し前の放出セールです。
ステレオサウンド誌 147号~165号までの19冊を3000円で。
あまり熱心に読まなかった号なので、状態は良いです。
欲しい方がいらっしゃいましたら、メールにて連絡ください。

Simg_0058
↑クリックで拡大します。

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

前へ

オイロダインを聴かせていただいたIさんの一周忌が過ぎ、朝沼予史宏さんも今年で五周忌となってしまった。
その天国のお二人に背中を押してもらえたおかげか、一歩前に行ってみることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

意味

この数日、体調がすぐれない。しかも、かなり。
月曜の夜、火、水の朝と3日間連続して動悸が発生。二日間は午前中半休取って、ぐったりと寝床につく。仕事でどうしても休めず、出勤。で、帰宅はまた終電。色々と調整したいのだけど、みんないっぱいっぱいだし、結局抱え込むことになる。今日はかなり最悪な気分だったので、早く帰りたかったが、なんだかんだで、アパートについたのは22時半過ぎ・・・。
スーパーの窓越しに映った自分の顔は、目に隈、頬はこけ、口の横は荒れて、ひどい顔だった。電車で隣にこんな奴が立っていたら、自分でも近寄りたくないような、そんな感じ。
まあ、倒れても、自分からはダイブしたりしないので、安心してほしい。やっぱり家族がいるからね。小さい甥や姪にそんな伯父じゃ可哀想だし。その支えがなかったらと、頭をよぎったことも合ったのも事実だけど。

:::

このblogを書くのに、一つで、だいだい1時間から2時間近くかかっている。
でも、たぶん、読者が読むのは3分もかからないだろう。睡眠時間を削ったり、疲れた体を引きずってまでも書く意味ってなんだろう。
数年前は、同好の士と密にコミュニケーションが取れる場として、オープンなネット自体が有効だったが、こういうblogから特に新しいコミュニケーションは生まれたような感覚が僕にはちっともない。リアルな友人たちとは、他にもクローズドなmixiでコミュニケーションをしているので、なおさら、このblogの意味ってなんだろうと思ってる。

オープンなネットで書くということは、たんなる僕自身の自己顕示欲の現れなのか?
本当はコミュニケーションが必要なんだと思う。
ちゃんと書きたいことがあるんなら、それこそ、自分で本を書き上げるくらいの勢いが必要だろう。
このまま、情報の一方通行で、まともにコミュニケーションを取れる読者がいない状況で、たらたらと書き進めるのは、まったく意味がない。
コミュケーションとは情報の双方向のやりとりなのだが、ここでは全然機能していない。
僕の力のないせいのかもしれない。

あと別段、喧嘩を売っているわけではないのだが、周りを見渡してみても、オーディオビジュアルのblogやサイトで僕自身に対して意味のあるものはほとんどないような気がする。たぶん、日本語圏じゃ片手くらいなのかもしれない。「僕自身にとって」、重要なのものが見つからないのだ。

誰でも気軽に書けるようになった分、本当に読み応えのあるものは無くなってしまった気がしている。今の自分のblogもその中のひとつに埋もれている感覚がある。

それだったら、オンラインで居るよりも、一人で音楽や映画を視聴したほうがずいぶんと有意義なのでではないか?はやく睡眠取って、体調復帰させた方がマシじゃないかと思う。

::

音楽も映画も、だれでもどこでも楽しめるし、別にわざわざ、ネット上につらつら書く必要もホントはないんじゃないかという根本な疑問もある。
A型特有の性格のせいもあってか、意味の感じられないことをだらだら続けるのは、いまの自分にはできない。
いつからか上から目線で機器や批評についてあーだこーだ論じるのも、意味のない格好の悪いことなんじゃないかとさえ思えてきた。

それにまあ、僕一人がこの場を閉じたところでも、たぶん困るひとはほとんどいないんじゃないかな。

まあ、今はちょっとメンタル的にグッタリきてるとはいえ、リハビリ状態で復帰してからも、ずっと書く意味についてとか、書き続けるモチベーションについて、blogを書きながら考え続けていた。
オーディオ・ビジュアルとは元々、極私的なものだし、主観的なものだから、わざわざ一般に公開する意味はどこにあるのか?

::

以前、休止したとき、blogを消さないでなんて、コメントがあったけど、とはいっても、あれから特段コミュケーションがあるわけでもないから、数日もたたずに忘れられていくものだろう。
音は空間に放たれたときから消えていくものだし、ここも、そういうものの一部。

音楽と映画にはずっとこれからも僕の趣味として関わっていくが、自慢したい気持ちは僕自身これぽっちもないので、不特定多数の誰かしらに言う必要もないと思っている。

つれづれで細切れな言葉ばかりになってしまったが、口上はこのくらいにして、また再び、僕はオフラインのスタイルに戻ろうと思う。つまり、blogから去ることにする。

ここで、お礼を言うべきかわからないがどうか、わからないけど、わずかながら付き合いのあった方たちに対して礼を述べたい。
ありがとう、そして、さようなら。

--

さて、また明日は、朝7時の新幹線で出張だ。週末からの大型連休は心身ともにゆったりと過ごしたい。

| | コメント (6)

2004年11月26日 (金)

So-netブログ オープンβリリース

訪欧前の景気付けということでさっきまで飲んでました。当人よりも周りの方が盛り上がって、ふう。。。疲れました。

@@

僕の普段使ってるプロバイダのSo-netからもようやくBlogがリリースされることになりました。

So-net Blog (現在オープンβサービスです。)

So-net会員は無料!ということで
ココログ利用料の263円/月を払わずに済むのはありがたいことなんですが
この間のBlogの移行はかなり大変だったのでそれをまたやるのかとなると、
うーーん、ちょっと考えてしまいます。

まあ、So-net Blogが本格オープンしたら、どうするか決めたいと思います。

| | コメント (1)

2004年9月27日 (月)

Macでのコメント文字化け対策

Macユーザーの方からコメントをつけることができないというメールをいただきました。
ちょっと調べてみると、InternetExploerの設定で直るようです。
本当はCSSテンプレートを変更すればいいんだけど、koblogはココログプロじゃないので無理なので
こちらを試してくださいませ。
なお、Safariでならそのままでも出来るようですね(Ayunaka Antennaより)。

ぞうさんちv2より引用させていただきました。

★テスト環境 Mac OS X 10.2.8 IE 5.2.3 同上のClassic環境 IE 5.1.7 新井さんの記事のコメント欄で確認。 どちらの場合も、文字化けはしませんでした。

★IEの設定方法(わたしの設定値)
・IE 5.2.3ではExplorerメニューの環境設定を選択。IE 5.1.7では編集メニューの初期設定を選択。
・環境設定ウィンドウの左にある「言語/フォント」を選択。
・「フォントとサイズ」の枠内にある既定の文字セットの右のポップアップメニューで「ユニバーサル文字(UTF-8)」を選択。
・各々のフォント設定のポップアップメニューで日本語フォントを選択します。参考までにわたしの場合の設定フォントは以下の通り。


《IE 5.2.3》
 既定のフォント:ヒラギノ角ゴ Pro W3
 固定ピッチフォント:Osaka−等幅
 サン セリフ系:ヒラギノ角ゴ Pro W3
 セリフ系:ヒラギノ明朝 Pro W3
 手書きフォント:ヒラギノ丸ゴ Pro W4
 装飾フォント:Comic Sans MS(私はそのままだけどたぶん替えたほうがよい)


《IE 5.1.7》
 既定のフォント:Osaka
 固定ピッチフォント:Osaka−等幅
 サン セリフ系:Osaka
 セリフ系:平成明朝
 手書きフォント:Osaka
 装飾フォント:Comic Sans MS(私はそのままだけどたぶん替えたほうがよい)

−−−追記−−−
・「ユニバーサル文字(UTF-8)」のフォント設定が終わったら、もう一度既定の文字セットの右のポップアップメニューで「日本語(自動判別)」を選択。
※この記事を書いたときの手順で抜けてた部分がありましたので追記しておきます。akiraさんがこの追記部分の解説をしてくださってます。IEの設定したらココログ以外で文字化けするようになってしまったというかたは、この追記部分をやってみてください。
−−−−−−−−
・OKボタンを押して完了。
※同様に、既定の文字セットのポップアップメニューで、日本語(自動判別)、日本語(JIS)、日本語(シフトJIS)、日本語(EUC)の各項目も上記と同じ設定にしておくといいかもしれません。
※今回はテスト的にClassic環境でIE5.1.7も設定して使ってみましたが、IE5.2.3とIE5.1.7の初期設定ファイルが同じものを使ってるらしくどちらかで変更すると最後に設定したほうが保存されるので注意が必要です。(わたしははまった。(^_^;)

| | コメント (3)